日本酒道會とは

 日本酒道會はいつの時代にも社会風土に溶け込み、人々との様々な係わりや食生活との深い結び付きを保ちながら、脈々と歴史を歩んできた。現代という時代にあって、酒飲目的も多様化し、日本酒に求められる様相も自ずと変化してきている。
  自然に恵まれた土壌への確かな一粒の種籾が健全に栽培され、光と風と水の要素を遺憾なく稲体取り入れられ適正な酒米が育まれる。そして、日本酒は自然を包み込んだ酒米を原料として、麹と酵母による微生物界のコラボレーションを研ぎ澄まされた技によって芳醇に醸される。
  日本酒道會は“安全な水”“種の保全”など自然界との関りや保全、心豊かな“人々の結い”が日本酒の原点と考え、現在という歴史の一齣を、日本酒を通じて生真面目に考え行動する集いである。

--------------------

驪愛山とは
麗今年のASK愛山は
黎「愛山」の生産量
力日本酒道會とは
曆種子保全と環境保全
歷日本酒道會事務局

--------------------
トップ